新緑

産業廃棄物

コロナウィルスにより、これまでの社会生活は一変されました。

新しい働き方としてテレワークが推奨されるようになったことから、コワーキングスペースが拡充され、事務所としての機能を最小限にとどめる形や、フードデリバリーの成熟化により、従来の飲食店形態から変化しようとする企業様も増えてきているなど、現在の社会情勢に対応すべく事業主様は事業変化を推進されております。

弊社ではこうした事業主様の業態変化により生じる産業廃棄物を継続的にお引取りし、再資源化可能な廃棄物の選別から積載までを自社で行うことにより、廃棄物にかかる費用を圧縮してお客様にご提案しております。

もちろん、ご要望に応じてエントランス・エレベーター内等の養生も行っておりますので、移転やレイアウト変更をご検討の事業者様はぜひ一度ご相談ください。

不用品処分:余剰在庫品処分・工作物解体・内装解体物・店舗什器・廃家電類取り扱えます。

※粗大ごみ・産業廃棄物の費用は運搬費・搬出・積載作業・処分費の3項目より構成されます。

養生施工が必要な場合・機密文書処分を証明する溶解証明書の発行・PCデータ完全消去等付帯業務をご希望の場合は上記3項目に加算されます。

​不用品回収の流れ

1.ウェブもしくはお電話にて問い合わせ

​不用品の重さ・大きさを指示して下さい。大量の場合、全体量としての体積(m3)を提示して下さい。

2.御見積金額の提示

​ヒアリング内容に基づいた最適な金額・対応方法をご提案致します。

3.ご発注

​ご希望の回収日時をお知らせ下さい。

4.回収

​回収完了まで丁寧に対応いたします。

コストダウンへつなげるポイント

  • 搬出作業のお手伝い

例えばビルの上層階からの回収の場合、お客様にて弊社車両付近まで運べば搬出作業費がかからずに済みます。

  • 不用品を適切に分別する

不用品類を可燃物・不燃物・資源物とお客様にて選別・整理いただければ、整理・搬出にかかる時間が短縮されることによりコスト削減につながります。

  • 解体可能な什器類は解体しておく

部屋内で組み立てた什器類はエレベーターや玄関ドアを通らない場合があります。お客様にて解体しておけば搬出にかかる時間は短縮されコスト削減につながります。

  • 少量で頼むより一定量集まってからの収集がお得

少量であっても車両費は共通の金額です。頻度を高くご依頼いただくより一定量集まってからの方がコスト圧縮につながります。

産業廃棄物収集運搬業

・廃プラスチック類・金属くず・木くず・ガラス・陶磁器・コンクリートくず・紙くず・繊維くず・廃酸・廃アルカリ・汚泥

収集車
収集車
収集車
収集車

非鉄金属買取業

銅線・VA線・家電線・真鍮・砲金

東京都心にあるため、現場から直送できて便利です。

お持ち込みいただけます。(1kgから買取)

AdobeStock_268203568.jpeg

許認可

●産業廃棄物収集運搬業 許可

東京都:01310010202

神奈川:01402010202

千 葉:01200020202

埼 玉:01100010202

●非鉄金属買取業